乳首の黒ずみはどうすればいい?

乳首の黒ずみはどうすればいい?

他の人から見えない部分であるにもかかわらず、乳首の黒ずみに悩んでいる人は非常に多いです。

乳首の黒ずみを軽減させるセルフケア

読了までの目安時間:約 3分

ai

乳首は服を着てしまえば人から見えることはありません。しかし、大好きな彼とデートの約束が決まった時、友人達と温泉に行く時など、服を脱ぐ可能性がある場合、乳首が黒いと何となく出かけるのが億劫になってしまいます。

乳首が黒いと色々な人と遊んでいる、不潔、実年齢より老けて見えるなどマイナスイメージが付いてしまうため、見えない部分であってもいざというときのために常にケアをしておくことが大切です。

黒ずみを解消させるためにはセルフケアの他に皮膚科や美容外科、美容皮膚科などで薬を処方してもらったり、レーザー治療を受ける方法が一番効果的ですが、費用面や健康面でのリスクも高く、自宅で簡単にできるセルフケアによる予防も含めた黒ずみ対策が人気を集めています。

自宅で自分でできる乳首の黒ずみ解消法

 
まずは乳首への刺激を最小限にする事から考えていきます。下着やブラジャーのサイズが小さいとボディラインは引き締まって見えますが、動くたびに下着やブラジャーが乳首とこすれあい、摩擦や刺激となってしまいます。

直接肌に付くブラジャーや下着は自分の体のサイズにぴったり合ったものを選び、素材も面などの天然素材で刺激の少ないものを選ぶようにします。

入浴などで胸を洗うときはよく泡立てた石鹸で、優しく包み込むようにして洗います。洗い流すときや水分を拭き取るときもゴシゴシとこすらないようにしましょう。

ホルモンバランスが崩れると肌のターンオーバーのサイクルも乱れ、黒ずみの原因となってしまう事があります。バランスの良い食事をしっかりと取り、しっかり睡眠時間を確保します。

ストレスもホルモンバランスを崩す原因になるので、自分なりのストレス発散法も見つけましょう。既に黒ずみが気になる場合は、低刺激のデリケートゾーン用のピーリング剤を使ってピーリングを行なうことでターンオーバーを正常化させ、黒ずみを解消させる事ができます。

ビタミンC誘導体やハイドロキノン成分が配合された化粧品を使用してバストケアをしっかりと行います。ハイドロキノンの副作用が怖いという人はビタミンC配合の化粧品だけでも十分効果が得られます。

お風呂上りなどにバストに塗ることで黒ずみを防ぎ、悩みを解消してくれます。乳首の黒ずみと喫煙は無関係のように感じますが、喫煙は乳首の黒ずみの原因といえる、メラニン色素の生成を抑制させるビタミンCを破壊してしまいます。

乳首のみならず肌や体の健康にも悪影響なので、体に悩みがある人は禁煙する努力も必要です。毎日少しずつケアしていくことで、病院で高い治療を受けなくても乳首の黒ずみの悩みから開放されるのです。

 

黒ずみ対策

この記事に関連する記事一覧

home
TOPへ戻る